History's mightiest heroes, Part2【Avengers (2018-) #58】

マーベル・ユニバースの今後に、激震が走ること請け合い!大型クロスオーバーイベント【Judgment Day】がスタートしましたが…そこに参加するアベンジャーズのチーム誌は、まずは平常運転。(タイイン誌は、#60にて!)
といっても、こちらでも世界の命運を握る戦いが現在進行中。vsマスターズ・オブ・イービルが、異世界にまで発展したのですから。
アベンジャーズは無事、悪魔たちによる次元改変を止めることができるのか。それともヒーローたちの世界は、地獄王の支配に飲まれるのか。最強ヒーローチームのマルチバーストラベルから、目が離せません!
A202258- (2)前回の二次大戦に続いて、今回の舞台は中世、日本は江戸。
まさに、ヒーローたちは"異世界"へと迷い込んだのだが、ここにもアベンジャーはいた!

続きを読む

スポンサーサイト



History's mightiest heroes, Part1【Avengers (2018-) #57】

【Avengers Forever】での展開に加え、【Avengers】誌でもチラホラと敵の首魁の姿。段々と読者にも、決戦間近だと予感をさせます。
ナイトホークやヴァルキリーたちを迎え、アベンジャーズも一大勢力を築きつつあるわけですが、しかし全次元の支配を目論む悪魔が相手では、まだ物足りない。そこで世界最強のヒーローチームは、さらなる仲間集めへ奔走。
敵が多次元の歴史を書き換えるというならば、事前に介入し、そのまま他世界のアベンジャーを味方にしてしまえ!ヒーローたちの奇策が飛び出す新章は、この号よりスタートします。
A202257- (2)敵襲により、無人島に漂流した兵隊。戦中ならば、まれにあること?
いや、彼らの内の一人も、そして相対することになる敵も、決して"普通じゃない"!

続きを読む

Across the infinite worlds of the Multiverse!【Avengers Forever Vol.1: The Lords of Earthly Vengeance】

【Avengers (2018-) #50】において、シリーズの大ボス(あるいは、ラスボス?)として登場した、マルチバーサル・マスターズ・オブ・イービル
同誌を読むだけでも、一騎当千の悪人たちの強さは味わえるものの、彼らが喧伝する「マルチバース最大の悪逆非道」を知るには、ちと物足りない。そのためには、もう一つのシリーズを読み解く必要があるのです。

【Avengers Forever】は、彼らが歴史を塗り替えようと、破壊された世界が舞台。悪魔が支配する帝国からは、華々しいヒーローが消え、もだえ苦しむ人々の悲鳴が木霊する。まさに、この上ない絶望
…それでも、荒れ果てた大地に花は芽吹くもので。悪党あるところに、必ずアベンジあり。潰えた希望を再点火するために、超人たちが飛翔する!そんな王道を楽しめるシリーズが、ここに。
AF20221- (2)ドゥーム・アバーヴ・オール、ダーク・フェニックス、ブラックスカル…
ただのバリエーション違いにあらず。数多の世界からえりすぐられた、とびっきりのワル。
彼らこそが、マルチバーサル・マスターズ・オブ・イービル。

続きを読む

The saga of Jane【Avengers (2018-) #56】

まさかのナイトホークがリーダーという、アベンジャーズ新体制で迎える#56。敵にも味方にも、新たな大嵐が巻き起こる?
今回はとあるアベンジャーが、あの悪魔と戦うことになるのです。主役?ターゲット?は、ジェーン・フォスター。ムジョルニアに選ばれソーになった後、今では天使ヴァルキリーの一員。
生と死の狭間を駆ける戦士を襲う、地獄の誘惑。誰もが望む?甘美な夢の世界とは?
A202256- (2)毎夜夢にうなされ、目を覚ます。
そして私は、安堵する。至極"幸せな毎日"を送れていることを。

続きを読む

Night of the Panther, Dawn of the Hawk【Avengers (2018-) #55】

アベンジャーズとマスターズ・オブ・イービルの戦いは、なんとか死傷者こそ出なかったものの、敗北と言って良い形で終結しました。
スターブランド、ネイモア、ヴァルキリーと強力なメンバーを加えたというのに、まだ戦力が足りない。しかもこの上、シーハルク、ゴーストライダー、そしてブラックパンサーまで抜けるとなると?
強敵との対決を挟んでの、チーム再編編。日没へと向かう地上最強のヒーローチームに、思わぬ光明が差します。
A552022- (2)異世界での敗北後、ひたすら逃亡を続けるのはナイトホーク。
闇の使者に、今宵夜明けがやって来る。

続きを読む

プロフィール

Author:早坂よもぎ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ