THE MURDERER IS REVEALED!【Death of Doctor Strange (2021-) #5】

大魔導士の死、まさかの過去時間軸からの復活…と衝撃の幕開けをしたシリーズも、ついにその殺人犯が判明。いよいよ、終局を迎えます。
若きドクター・ストレンジは、一体どうやって事件に終止符を打つのか。しかしそれ以上に気になるのは、次なるソーサラー・スプリーム
マーベル・ユニバースの守護者が、ずっと空席とはいかない。といって別時空のストレンジは、じきに帰らなければならない。その時、荘厳なるマントとアガモットーの眼、そして至高の魔術師の使命を継ぐのは?
DoDS20225- (2)アベンジャーズ、X-MEN揃い踏み。スリー・マザーズ、"チャイルド"とも決戦へ。
しかし魔法世界の勝負を締めるのは、やはり"彼"しかいない。

続きを読む

スポンサーサイト



LONDON’S BURNING!【Death of Doctor Strange: X-Men/Black Knight (2021) #1】

前回のエルサ・ブラッドストーンに続いて、クロスオーバーイベントには欠かせないヒーローが登場。しかも"中の人"は従来のデーン・ウィットマンではなく、ニューカマーだというのだから、なおさら見逃せません。
ジャッキー・チョプラは、なんとデーンの。2021年の【Black Knight: Curse of the Ebony Blade】に登場して以来、ブラックナイトの剣と鎧を引き継いだものの、どうやら確執が残っているようで…今回のタイイン誌では、それが爆発!
なお、タイトルこそX-Menを冠していますが、あくまで脇役なので、彼らを目的に読む場合はご注意を。
DoDSXBK- (2)新たなるブラックナイトが、天馬と共に駆ける。
脳内に語り掛ける"声"を、実に煩わしく感じながら。


続きを読む

ELSA AND THE FAMILY BLOODSTONE!【Death of Doctor Strange: Bloodstone (2022) #1】

もはやクロスオーバーイベントに欠かせない、名バイプレイヤー。しかも異次元の怪物が相手となる【Death of Doctor Strange】において、彼女の出番がないはずがありません。
モンスターハンター、エルサ・ブラッドストーンが今回の主役。さらには、【Avengers Arena】に姿を見せたカレン・ブラッドストーン。加えて、新たな姉妹も登場。
タイトルの通り、ブラッドストーン家が重要な要素となるタイイン誌。モンスターと戦うことが宿命づけられた一族の、決して切れない絆の物語がここに。
DoSBS- (2)魔術師たちの"失態"で世界が狂ったなら、今度は私の出番。
しかしどうやら、ハンティングだけではことが済まないらしい。

続きを読む

MEET THE THREE MOTHERS!【Death of Doctor Strange #3-4】

ストレンジ殺人事件を解決するのは、まさかのドクター・ストレンジ!?至高の魔術師ならではの手法で施されていた、保険
とはいえ、あるべきモノが元鞘に収まって万事解決、とはなりません。現れたのは、まだソーサラー・スプリームの資格がなかった頃のストレンジ。続々と現世に現れる、異次元の支配者たち。そして、それら魔法世界の住人全てを脅かす、圧倒的捕食者
むしろ事態は、ここからより悪化していく。中盤戦では殺人犯の喉元に迫りますが、さて解決の手段はいかに?
DoDS3- (7)「検体私、解剖医私」
史上初の解剖が施された結果、犯人像が浮かび上がる。

続きを読む

With Strange dead, Dracula’s Vampire Nation celebrates!【Death of Doctor Strange: Blade #1】

【King in Black】のストーリーラインで人間の側に立ち、ヴァンパイアたちは自治領を手に入れました。もちろん、「敵の敵は味方」の理屈でシンビオートたちと戦っただけで、人間のためなどという気持ちはこれっぽっちもありません
むしろ自分たちの国で力を蓄え、人間たちに思い知らせるタイミングを今か今かと待ち受けている。そうはさせじと、アベンジャーズから送りこまれたのはブレイド"保安官"。吸血鬼と、彼らをもっとも憎むハンターの、奇妙な共同生活が幕を開けたのです。
では、【Death of Doctor Strange】を舞台に、帝国内で繰り広げられた戦いは?
DoSBL- (2)吸血鬼とストレンジ、そしてブレイドの間で繰り広げられてきた闘争。
その一角が欠けた時、戦況はどう動く?

続きを読む

プロフィール

Author:早坂よもぎ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ