Civil War II Tie-in!【Invincible Iron Man #12-14】【International Iron Man #4】

【Civil War】に続き、【Civil War II】でも内戦を起こしたヒーローたちの旗頭となったアイアンマン
自分の力で未来を見出そうとする彼にとって、予言に頼るという姿勢は到底見過ごせるものではなく、キャプテン・マーベルとは徹底抗戦。
しかし、その過程で負うことになった数知れない傷。それでも彼は、力と力でぶつかり合う道を選ぶのか。それとも。
当時彼は二つの個人誌を構えており、今回はその両方を紹介したいと思います。双方共にイベント本編と同じくBrian Michael Bendisがライティングを手掛けており、見逃せないタイインとなるはず。
IIMCW212- (2)約束された栄華は、どこへ。
一人きりになったアベンジャーは、何を考える。



Invincible Iron Man (2015-2016) #12 (English Edition)
Marvel (2016-08-03)
売り上げランキング: 24,480


International Iron Man (2016) #4 (English Edition)
Marvel (2016-06-15)
売り上げランキング: 24,472


シビル・ウォーⅡ
シビル・ウォーⅡ
posted with amazlet at 20.03.16
ブライアン・マイケル・ベンディス
ヴィレッジブックス (2020-03-28)
売り上げランキング: 29,852

続きを読む

スポンサーサイト



Civil War II Tie-in!【Squadron Supreme #9-12】

現行アベンジャーズと敵対しているスクアドロン・スプリーム・オブ・アメリカの前身と言うべきチームも、【Civil War II】に遭遇。
このチーム名を冠するヒーローたちは、とあるヒーローチームにうり二つなのが特徴なのですが、どうやらその内の一人に異変が見られるようで。
彼女が見た予言によって、アベンジャーズとは違う、もう一つの最強ヒーローチームは戦禍へと巻き込まれていくのです。
SSCW29- (2)滅びゆく異世界に立つ姫。
君の名は…



Squadron Supreme (2015-2017) #9 (English Edition)
Marvel (2016-07-20)
売り上げランキング: 29,171


Squadron Supreme (2015-2017) #12 (English Edition)
Marvel (2016-10-05)
売り上げランキング: 29,166


シビル・ウォーⅡ
シビル・ウォーⅡ
posted with amazlet at 20.03.12
ブライアン・マイケル・ベンディス
ヴィレッジブックス (2020-03-28)
売り上げランキング: 4,850

続きを読む

Civil War II Tie-in!【Mockingbird #6-8】

【Civil War II】に影響を受けたヒーローの一人として、ホークアイの名前が挙がるでしょう。物語中盤、ハルクを手にかけた殺人犯【The Accused】では、その裁判の様子も描かれていました。
近しいキャラクターは、タイイン中でも彼を気にかける様子が多分に見られます。中でも、当時個人誌を構えていた「元妻」モッキンバードのシリーズは、元夫の処遇を巡って物語が動くことに。
同シリーズの最終3話が使われているということもあり、モッキンバードというキャラクターの根幹にも迫るタイイン。彼女はヒーローたちの内戦を、外から見つめていました。
MBCW26- (2)舞台は、バミューダ・トライアングル。
迷信なんて信じない?しかし事件は、この「魔の海域」で起こった。



Mockingbird (2016) #6 (English Edition)
Marvel (2016-08-17)
売り上げランキング: 12,568


Mockingbird (2016) #8 (English Edition)
Marvel (2016-10-19)
売り上げランキング: 12,563


シビル・ウォーⅡ
シビル・ウォーⅡ
posted with amazlet at 20.03.09
ブライアン・マイケル・ベンディス
ヴィレッジブックス (2020-03-28)
売り上げランキング: 8,664

続きを読む

Civil War II Tie-in!【Guardians of the Galaxy #11-13】

【Civil War II】を読んでいて気になるのが、どちら側につくと表明するヒーローが非常に少ないと言うこと。
特にキャプテン・マーベルに至っては、本編中でも彼女の陣営に最後まで与していた者は少なく、なおさらに内戦を行っているヒーローたちのどちらに是があるのかと論じるのを、難しくしているように感じます。
(そもそも個人的には、本編だけでは感情的に動いているようにしか見えないヒーローたちに、あありエールは送りたくないのですが…)

さてしかし、その「少ない側」に入るガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー。彼らの個人誌での活躍は、どんなものだったでしょうか。
普段は地球とは遠いところで戦う彼らも、今回の内戦には参戦。やはりというべきか、ヒーロー同士の争いは、チーム内部にも亀裂をもたらすことに。
GotGCW211- (2)当時はお馴染みのメンバーだけでなく、地球のヒーローが何名か所属中。
ピーター・クィルは、キティ・プライドと恋人関係に。



Guardians of the Galaxy (2015-2017) #11 (English Edition)
Marvel (2016-08-31)
売り上げランキング: 10,748


Guardians of the Galaxy (2015-2017) #13 (English Edition)
Marvel (2016-10-26)
売り上げランキング: 10,745


シビル・ウォーⅡ
シビル・ウォーⅡ
posted with amazlet at 20.03.09
ブライアン・マイケル・ベンディス
ヴィレッジブックス (2020-03-28)
売り上げランキング: 8,664

続きを読む

Civil War II Tie-in!【Venom: Space Knight #11-12】

単なる【Venom】のみならず、【Space Knight】という副題もついたシリーズ。この頃のヴェノムは、タイトルの通り宇宙へと飛び出し活躍中。
宿主は、ピーター・パーカーの友人の一人フラッシュ・トンプソン。彼がヴェノム・シンビオート共に、その母星を巡る冒険を繰り広げていました。
そんな俺たち内戦へと直面することになったのは、シリーズの末期。これをキッカケに、フラッシュも地球へと舞い戻ることに
VSK11- (2)長らく空けていた、故郷へと帰還。
病床に伏せる母親とも、しばし憩いの時を過ごす。



Venom: Space Knight (2015-2016) #11 (English Edition)
Marvel (2016-08-24)
売り上げランキング: 10,030


Venom: Space Knight (2015-2016) #12 (English Edition)
Marvel (2016-09-21)
売り上げランキング: 10,027


シビル・ウォーⅡ
シビル・ウォーⅡ
posted with amazlet at 20.03.09
ブライアン・マイケル・ベンディス
ヴィレッジブックス (2020-03-28)
売り上げランキング: 7,286

続きを読む

プロフィール

Author:早坂よもぎ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ