Die by the Blade part4【Black Widow (2020-) #15】

衝撃的かつ痛々しい引きとなった前号。力量だけではない、精神的に劣る相手に反撃なるか、ブラック・ウィドウ!
華々しいチャリティー・イベントの影で繰り広げられる闇の住人たちの戦いも、いよいよ佳境。主役だけでなく、彼女を支える仲間たちの活躍も見逃せません。
激闘が終結した時、ナターシャ・ロマノフが感じたものとは何か。15号とキリの良いところで、シリーズも一区切りに。
BW202215- (2)今にも途切れそうな意識を繋ぎとめて、ここが踏ん張りどころ!
たとえ片腕を失おうとも、みんなを助けるために負けられない。

続きを読む

スポンサーサイト



Die by the Blade part3【Black Widow (2020-) #14】

強敵との再会に、ブラック・ウィドウのトラウマが刺激される。しかし、今は任務の最中。怯え竦むわけにはいかない
丸々一話の回想を経て、再び現代パートへ。恐るべき傭兵、リビング・ブレイドとの戦いが始まります。黒蜘蛛はこの窮地、どう抜け出すのか。
チーム路線が強く押し出された本シリーズ。イリーナやルーシーが、チームメイトとして何をするのかにも注目を。
BW202214- (2)常時なら、足が動かなかったかもしれない。だが、ここは戦場。
思っていたよりも早く来た再戦に、今度こそ勝利しなければ。

続きを読む

Die by the Blade part2【Black Widow (2020-) #13】

どんな強者にも、弱点はある。しかしだからといって、それがこんなタイミングで襲い掛かってこなくても
ブラック・ウィドウが潜入捜査中に対峙したのは、生きた刃。彼女に、決してぬぐえぬトラウマを植え付けた相手。
なぜ華麗なるアベンジャーが、さほど特徴があるわけでもない男を警戒するのか?今回は丸々一号使って、その恐怖が描かれます。
BW202213- (2)本当の敵は、目の前にいる男そのものではない。
かの者の刀がもたらす、自分の中の感情。

続きを読む

Die by the Blade part1【Black Widow #12】

新チームと新たな冒険へ!と次なるエピソードへと進む【Black Widow】ですが、このシリーズ最初から続く、家族との関係性がまだ尾を引きます。
ブラック・ウィドウ本人が頭悩ますのは変わらずとして、どうやら恋人もこの状態が、少々面白くないようで…ここまでのリアクションが明白に描かれるのも、珍しいのではないでしょうか?
まずは助走となる、新章第一幕。物語の進展よりも、キャラの言動に注目してみたいと思います。
BW202112- (2)思い出すのは、"彼ら"のこと。
だが今傍らにいるのは、"彼"だ。

続きを読む

The Source【Black Widow #11】

新コスチューム、新チームのお披露目を兼ねたカルト集団との対決も、一先ず終了。次なる舞台のブラック・ウィドウは、どんな飛躍を見せるのでしょう。
いまだ消えない、アポジーの影。その背後から現れる、新たな悪。どうやら、彼女の守護者としての役目は、まだまだ尽きぬよう。
単発エピソードと侮ることなかれ。今回は、前章と次章を繋ぐ見逃せない一編です。
BW202111- (2)美麗なるウィドウたちが潜入したのは、サーカス。
待ち受ける"双子"は、敵か味方か。

続きを読む

プロフィール

Author:早坂よもぎ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ