The world outside our window...is about to end【Dark Ages #1】

たとえば、ノーマン・オズボーンの勝利によって訪れた【ダーク・レイン】。別アースで繰り広げられる、ヴィランたちの世界。マーベルコミックでは、様々な形で暗黒の時代が描かれてきました。
今回紹介するミニシリーズもまた、そんなもしものお話。ただこれまでと毛色が異なるのは、エネルギーを奪われるという形で、"物理的に"世界が暗闇に閉ざされる点。
建物から灯りが消え、自動車や電車は動かず、スーパーヒーロー自慢の発明品も全停止。このような状況で、再び人の心に明かりを点けることができるのか?
DA20211- (2)傍観に徹するはずの観測者から告げられる、揺るぎない事実。
地球はあと、数時間で滅びる。

続きを読む

スポンサーサイト



It's man-made Kaiju vs. real-deal Kaiju vs. Ultraman【The Trials of Ultraman #5】

シリーズ最終回。光の巨人対二大怪獣も見ごたえはありますが、より注目すべきはハヤタの心境でしょう。
怪獣の攻撃よりも苛烈なのは、人々の心無き声。守るべき対象に恨み言を言われて、なお超人は戦わなければならないのか。
試練に対して、今答えを出す時。なお本号巻末において、次シリーズは2022年開始と告知されました。
ToU20215- (2)凍土での決戦!
ウルトラマンが戦うべきは、人が造ったメカ怪獣か、それとも地底怪獣か。

続きを読む

In Iceland, the critics of the USP are uniting【The Trials of Ultraman #4】

ウルトラマンが立ち向かわなければならないのは、彼こそが怪獣出現の原因だと考える人間たち。巷に渦巻く陰謀論に、巨人はどう戦う?
決断を迫られるのは、光の国からやってきた超人だけではない。ハヤタも歴然たる意志を見せなければ、このには打ち勝てない。
そろそろ次シリーズの展開も、発表してもらいたいところですが…今シリーズは、残すところあと2話。試練に負けるな、ウルトラマン!
ToU20214- (2)全ては、私たちが招いたこと。
ウルトラマンの躍動は、人の不安を煽る。

続きを読む

It turns out that the forces aligned against the USP and Ultraman【The Trials of Ultraman #3】

防衛隊とウルトラマンの勢いに反して、着々と構築される人間たちによる包囲網。これを彼らは、突破できるのか。シリーズ第三回
もしも銀の巨人が目の前に現れたら、あなたは彼を信用する?崇拝する?それとも、恐れる?
まさにその判断に迫れている人々の様子が、生々しくもドラマとして描かれる中、ではその超人の力を持つ側は、どう動くべきか。
ToU20213- (2)シン・ハヤタとモロボシ・ダンの歴史的邂逅。
だがその内容は、華々しいものとは真逆だった。

続きを読む

Our heroes in the crosshairs of a brand-new threat! 【The Trials of Ultraman #2】

銀の巨人に試練の時。マーベルウルトラマン新シリーズの第二回。今回も前回に続いて、どちらかといえばドラマパートに比重が置かれます。
ウルトラマンと怪獣の出現によって、世界はどう変わったのか。その変化の中心にある者たちは、どう応じるのか。
そろそろ第二のウルトラマンの登場もちらつきますが、これがどう物語に関わるのかも気になります。単に名前や姿が出てきてる内は、夢のクロスオーバーなのですが…?
ToU20212- (2)新人隊員シン・ハヤタ、初めての潜入任務。
独特の変装で、助け出すべき相手とは。

続きを読む

プロフィール

Author:早坂よもぎ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ